« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

アメリカオレゴン州からのお客様(the visitor came from the State of Oregon in America)

2006年8月18日(金)から20日(日)までの、2泊3日の日程で、アメリカ オレゴン州からお客様がきました。
In the schedule of the 3rd of two-night-stays from (Friday) on August 18th, 2006 to (Sunday) on the 20th, the visitor came from the State of Oregon in America.

彼は、いわき市の英語指導助手で、日本語の学習のために会津若松市に来て、我が家にホームステイした訳です。
He is an English guide assistant in Iwaki City and is the translation which came to Aizuwakamatsu City because of the Japanese learning and did a homestay to my house.

夕方5時に、学習会場へ迎えに行って、次の日の朝9時までに送っていくという日程でした。
The evening, in 5 o'clock, it went to the greeting to the learning meeting place and it was to do the schedule being to send it by 9 o'clock in the morning of the next day.

今回の受け入れで、英語指導助手4人目、その他が2人、計6人目の受け入れです。
In the acceptance this time, 4th of the English guide assistant, the others are the two, in amount 6th acceptance.

毎回、どんな料理を作ったらいいかで、頭を悩ませていますが、「おいしい!」と言ってもらえると非常にうれしいです。
By what food it is good if making each time, it is being possible for the head to suffer but it is very glad when it is possible to get by saying " delicious! ".

今回は、マグロステーキ、トースト、チキンカレー、焼き魚等々を作りました。
This time, it made 々 such as the tuna steak, the toast, the chicken curry, the grilled fish.Ryan_2006_39 Ryan_2006_34

2日目の夕方、雪駄と扇子を買いに行きました。彼は、浴衣と足袋も買いたいと言っていました。
It went to buy Japanese wooden clogs and a Japanese folding fan the evening on the 2nd.
It was saying that he wanted to buy a bathing coating and Japanese socks, too. Ryan_2006_2_1 Ryan_2006_21 

彼は、いわき市久ノ浜に住んでいるので、遊びに行き、海釣りをしたいと思います。
Because he lives in the Iwaki City hisano beach, he thinks that it goes out to have fun and that it wants to fish for the sea.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京旅行のその後(a family travel of Tokyo)

 遅ればせながら、東京への家族旅行のその後の話を書き込みます。
Although it was late, the subsequent talk of a family travel
of Tokyo is written in.

 まず、1日目の夜は、秋葉原のカプセルホテルに泊まった訳ですが、
これが初体験でして…。感じたことを列記します。
First, it stayed at the capsule hotel in Akihabara on the 1st.
We used the capsule hotel for the first time.
A number of felt things are written.

Nec_0031

○ ホテルのWEBページでは、カプセルに扉が付いていたのですが、
これは、女性専用のカプセルだけだったようで、男性の方は、すだれの
ようなものがあるだけでした。
On the WEB page of a hotel, the door was attached to the capsule.
However, it was only a capsule only for women that there is a door.
There was no door in the capsule for males. There was only a thing like curtain.

○ このすだれは、途中で止まらないので、上げるか下ろすかしかでき
ません。それで、上げるとエアコンの冷風が入り込んできて寒いし、下
ろすと、熱いしで、これがちょうど良くならないのです。
This curtain does not stop on the way.
It can perform whether it raises or it takes down.
If curtain is raised, the cold wind of an air-conditioner enters and it is cold.
However, it is hot if it takes down.
It was not able to be made comfortable room temperature.

○ それから、すだれしかないので、隣の宿泊客のいびきや、屁の音が
聞こえてくるのです。大部屋の温泉宿と一緒です。
And since there is only curtain, the next visitor's breathing of him asleep and the sound of ONARA can be heard.
It is together with having stayed at the large room of a hot spring hotel.

○ 風呂は、1回に数人しか入れず、かつ足ふきマット(タオル)は、
ベカベカで、気持ち悪かったです。シャワーも壊れていたようで、温度
調節ができませんでした。
Only several persons put in the bath at once.
And the towel which wipes a leg is dirty and seemed disagreeable.
Temperature control was not completed as the shower had also broken.

○ エレベーターは何と、あの「シンドラー社製」でした。恐かったです。

Nec_0035 The elevator of a hotel was "made in Schindler".

It was fearful.

 同じカプセルホテルでも、最近建てられたものは、快適なのでしょうか?
ビジネスホテルでもカプセルホテルと同じくらいの料金で泊まれるところが
あるみたいなので、そっちの方がいいかもしれません。
Is a new capsule hotel comfortable?
It seems that there is a no-frills hotel at which it can stay at charge about the same as a capsule hotel.
The no-frills hotel may be better.

 2日目は、秋葉原を存分に散策…するはずでしたが、暑くて暑くて早々に
切り上げ、会津に戻ってきました。今度は、涼しい時期にじっくりと散策して
みたいと思います。
It was due to take a walk Akihabara fully on the 2nd.
But it was hot and was immediately attached to way home.
I want to take a walk Akihabara slowly shortly at cool time.

Nec_0034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒寄生虫館(the parasitic hall in Meguro-ku)

 2006年8月5日(土)~6日(日)の1泊2日の日程で、東京へ家族旅行に来ています。今、宿泊先の秋葉原のカプセルホテルからこの記事を書いています。

We the families have been to Tokyo on August 5th & 6th, 2006.  This report is written from the capsule hotel of lodging.

 1日目は、目黒区にある寄生虫館に行き、その後、築地で寿司を食べ、秋葉原を散策しました。

It went to the parasitic hall in Meguro-ku, sushi was eaten after that in Tsukiji, and Akihabara was taken a walk on the 1st.

 下の写真は、寄生虫館で撮影したものです。これ何だか分かりますか?男性の●玉が寄生虫によって肥大し、地面に付きそうになっています!信じられますか?

A lower photograph is taken at a parasitic hall. Is this known somehow?  A male abdomen part gets fat by the parasite, and has become that it is likely to be attached to the ground.  Are you trusted?

Nec_0029

(説明)「バンクロフト糸状虫」 足のつけねなどのリンパ管に寄生するため、リンパ液の循環障害を生じ、リンパ管の拡張・増殖、さらに皮下組織の増殖を招き、足や陰のうの皮膚はかたくふくれあがって象皮病をおこす。我が国では現在患者の発生はなくなった。蚊によって媒介される。(寄生虫館ガイドブックから)

This parasite is carried by the mosquito.  Generating of the patient by this parasite was lost in Japan now.

Nec_0024 この写真は、イルカの胃内のアニサキスの寄生状態です。アニサキスは、タラ・サバ・アジ・イカなどに待機宿主し、これらを生食することによって、人の胃袋にも寄生することになります。頭痛・悪心・嘔吐・下痢などの症状がでるそうです。

This photograph is the Anisakis which was parasitic on the stomach of a dolphin. It is parasitic also on man by eating a codfish, mackerel, a horse mackerel, a cuttlefish, etc. in the flesh.

Nec_0022 この写真は、「日本海裂頭条虫」大型のサナダムシです。ここに展示されているのは、なんと長さが8.8mもあります!マスの生食により感染するそうです。こんなのがあなたの腸の中に入っていたらどうしますか?

This photograph is SANADAMUSHI which was parasitic on people's intestines.  This length existed no less than 8.8m. It is parasitic by eating a raw mass.

 これらの展示物を見た後に、私たちは築地で生寿司を食べました!コワイデスネ!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »